お歳暮にもらって嬉しい牛肉!~和牛とは③~

お歳暮でよくみかける「黒毛和牛」。

高級牛肉として有名な黒毛和牛牛肉ですが、和牛や牛にはどのような種類がいるのか説明したいと思います。

まずは【黒毛和種】です。

「黒毛和種」とは日本の「和牛」の約90%をしめている品種で、非常に優れた肉質を持っているのが特徴です。

ちなみに「黒毛和牛」の正式名称は「黒毛和種牛」といいます。

この黒毛和牛は国産牛の40%弱で食用牛肉全体でみると15%前後のシェア率を持っています。

「和牛」として割合が多い理由は「近江牛」「神戸牛」「松坂牛」などの有名ブランドの牛も全てが黒毛和種だからです。

お歳暮などのラインナップでもよく名前をみるのは、有名ブランドの牛が黒毛和牛だからです。

次に【褐毛和種】ですが、「褐毛和種」は非常に体躯が大きい牛で、黒毛和種に近い肉質を持っているのが特徴的です。

明治時代以降に高知県や熊本県で飼育されていた朝鮮牛を元にする赤牛とシンメンタール種や朝鮮牛を交配し、改良を進めてきて誕生した品種です。

続いて【日本短角和種】ですが、こちらは主に当方地方で飼育されている日本固有の肉専用品種です。

「日本短角和種」の特徴としては手間がかからず成長がはやいところです。

昔運搬業務に就労していた使役牛である「南部牛」と明治以降に日本に輸入されたショートホーン種を交配させ、度重なる品質向上を重ね現在に至ります。

そして1957年に「日本短角種」として正式に認定を受けました。

Comments are closed.