仙台の理想的な任意売却物件!でも具体的なデメリットは?

仙台の理想的な任意売却物件!でも具体的なデメリットは?

仙台で任意売却物件を買う!お得そうだけど注意点は?メイン

たとえ仙台の理想の任意売却物件でも期待はNG。「売却交渉に時間がかる」「物件が荒れている」「改修費用が多額」などのデメリットが。

仙台の理想的な任意売却物件!でも具体的なデメリットは?

たとえ仙台でお得な任意売却物件に出会ったとしても、過剰な期待はNG。

パンドラの箱に手をかけているのかも。

4つのデメリットを確認しましょう。

◎なかなか進まない任意売却物件の交渉。

たとえ仙台で好条件の任意売却物件を見つけても、売主と買主の合意だけで売買が成立するわけではないのが任意売却物件のもどかしいところ。

債権者が“その販売価格では売却を認めない”とかは、仙台でも良くある話です。

また、内覧した結果、リフォームに多額の出費がかかりそうなので、その分の値引きを交渉しようとしても、債権者との板挟みでなかなかうまく進捗しません。

実際に交渉の段になると、任意売却故の障害がいろいろ出てきます。

◎具体的な任意売却物件のデメリットとは。

任意売却物件が安くても人気がないのは、それだけデメリットがあるからです。

債務者は1日も早く、少しでも多くの現金が欲しい状態にあるので、買主が思っているほどの値引きに応じないのが常です。

仙台に限った話ではありませんが、「売却交渉に時間がかかりやすい」、「物件が荒れて傷んでいる場合が多い」、「値引き交渉はほとんど通用しない」、「リフォームに想定外の出費が予想される」などは、代表的なデメリット4要素です。

▽リフォーム会社の選び方はこちらを参考に⇒https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00161831-suumoj-life

◎売主との交渉では、情に流されて踏み込んだ話は聞かないほうがいい。

事務的に淡々と交渉すべきです。

仙台で先日あった事例に、「債務者の事情を聞いているうちに可愛そうになって、買取価格を上げてしまった」というのがあります。

しかしそれは、大半が債権者である銀行に戻ってしまうお金。

その後の債務者の生活にはあまり影響しません。

むしろ任意売却という意味を踏まえて、希望価格より安くしリフォーム代を浮かすべきです。

PickUp Entry